性の病気|誰にもいえない悩み

性の病気|誰にもいえない悩み

恐れず検査が正解!

性病は風邪と一緒で潜伏期間があります。潜伏期間中に性交渉を行った場合、相手にうつしてしまうので注意が必要となります。

 

では各性病と潜伏期間をざっと説明していきます。まず日本で最も多い性感染症として有名な「クラミジア」の潜伏期間は1〜2週間とされています。

 

クラミジアは自覚症状が現れない事もあるので人にうつしやすいです。
クラミジアと症状が似ている「淋病」ですが、こちらの潜伏期間は2〜7日です。「梅毒」は約3週間、「トリコモナス」は約10日間の伏期間があります。

 

 

「コンジローマ」は個人差があり、1ヵ月〜6ヵ月です。人によっては1年の潜伏期間を経て発症したというケースもあります。
「B型肝炎」は1〜3ヵ月の潜伏期間で、風邪の様な初期症状が起こります。

 

次に、潜伏期間に大きなばらつきがあるのがエイズ(HIV)です。エイズを発症するまでの潜伏期間は、HIV(エイズウイルス)に感染して5年〜10年あります。

 

 

それまでは無症状期といって、感染しても症状のない状態が続くのです。症状がないからといってHIVを放置したままでは、生きているうちに必ずエイズを発症します。

 

 

近年は近年はHIV感染に気付かずに、数か月から2,3年以内でいきなりエイズを発症させる人が増えています。
いきなりエイズになる人がエイズ発症者全体の4割にもなってきているのです。

 

 

勿論無症状期でも人に感染させてしまうので、大切なパートナーにうつさない様にまずは検査を受けましょう。ここで注意ですが、身に覚えのある行為をしてから2ヵ月程度でエイズ(HIV)の陰性・陽性は確認できます。

 

 

今は『エイズ=死』ではなくなってきていますから、怖がらずに早めのエイズ検査をお勧めします。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ