おりものの様子がおかしい?

おりものの様子がおかしい?

風俗はやっぱりよくない?

高校生からの親友が、ある日私に相談してきました。「数日前からおりものの様子が変なんだけど、性病なんて事ないよね・・。」と。正直その相談を受けて、私は親友が性病を患った可能性は限りなく黒に近いと思いました。

 

 

「だって付き合っているのは○○(彼氏の名前)だけだし、私も○○もお互い一途だもん。ね?ね?」と私に同調を求めてきます。

 

 

親友はとてもピュアな心の持ち主。ですから親友が浮気しているとは到底思えません。問題なのは彼氏側です。

 

 

親友の彼氏は、一人の女性を幸せにするタイプとは思えません。初めて紹介された際も私に対し異様にフレンドリーに話しかけてきたし、女大好きって感じの男です。現段階で浮気しているかは謎ですが、噂では風俗が大好きらしいです。

 

 

しかも彼氏の風俗通いを親友は許しているらしく、その点を私が親友に論したら、「だって心と身体は別だって言ってくるし、風俗は浮気じゃないって言うし。」と、何とも歯切れの悪い弁解をしていました。

 

 

 

風俗を止めさせて一般の女性に走られるくらいなら、お金で身体の関係が成立していると割り切って彼氏の風俗遊びを了承しようという考えの親友。

 

 

まぁこの考えは彼氏側に押し付けられた訳ですが、それでも彼が好きで別れたくないらしいです。彼氏が風俗通いしているのなら、彼氏が性病を貰って親友に感染してしまうのは当たり前の事です。

 

 

 

正直、親友の性病感染は時間の問題だったと私は思っていました。しかし彼女はどうしても性病感染を認めたくないらしく、彼氏が風俗遊びするのを了承する代わりに、風
俗での本番は絶対にしない事。

 

 

 

風俗嬢との触り合いっこなど、本番以外のプレイでも必ずコンドームを使用する事。この2つを誓わせたんだと私に訴えてきます。

 

 

そんな約束事、あの男が守るなんて絶対に有り得ない。むしろ約束事を守ってもらっていると思い込んでいる親友が凄い。もう呆れるばかりです。それでも純粋な親友を放っておく訳にもいかず、説得して病院へ行きました。

 

 

 

私も付き添い、婦人科で検査をしました。結果はやはり黒、陽性です。病名はクラミジアで、幸い処方された薬を1回飲むだけで大丈夫でした。あとは経過を見つつ、3週間後にもう1度受診して終了となるそうです。大事に至らなくて良かった。

 

 

そう思うのは私だけで、親友は彼氏に裏切られたと号泣していました。いやあなた、かなり前からずっと裏切られていますから。そう思いましたが、傷心しきっている彼女にキツい言葉は言えません。しばらくは一緒にいてあげようと思います。あんな彼氏とっとと別れさせてやるつもりです。

ホーム RSS購読 サイトマップ